« 坂部の桜錦 | トップページ | 私は納期のある仕事をしているのです »

2017年1月 4日 (水)

葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っ

葉酸のサプリメントは妊娠初期から欠かさず摂っていましたが、無事に妊娠初期を過ぎた頃に赤ちゃんが大きくなるためにはカルシウムも必要だと気づき、飲めるだけの牛乳を飲んでいました。
今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていてお腹の調子が悪くなってしまいました。



妊娠後期には、今度は貧血と診断されてヘム鉄の配合された薬を服用しましたが、それなら妊娠初期からカルシウムや鉄分が配合されたマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。

友人は妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女の話では、冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。
妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安全に服用できると思います。漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に良かったと、お祝いしたい気持ちでいっぱいです。



妊活とは何ぞや、というと、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。



もちろん、子作りさえすれば、100%妊娠するわけではないので、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするためになされる手段といえます。

それのみならず、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな対策のことも含んで使われます。先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するため妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。あらゆる妊婦の葉酸摂取を以前から厚生労働省が推奨しています。上手に葉酸を摂るためには、ごく当たり前の食事をとっている限り胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。
サプリなどを補助的に使って、妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは継続して摂取することが望ましいです。ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。赤ちゃんは生まれてくると、活発に細胞分裂を行いながら外界に適応するべく成長するのです。その過程でたくさんの葉酸が必要になります。



さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、葉酸を毎日十分に摂っていければ最高です。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。


こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことは賢い選択だと言えるでしょう。

理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中であっても問題なく飲むことができますよね。



それに、黒豆茶に含有しているイソフラボンが女性ホルモンと似た作用が働く可能性があるからです。よく知られているように、イソフラボンを摂ると体や精神のバランス調整に役立ちますから、欠かさずにあたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。
実は妊婦にとっての必要な栄養素は葉酸なのです。葉酸が足りていないと子供の脳や神経系に障害が残るリスクが格段に大きくなります。

いつまでに葉酸を摂るのがよいかといわれると、脳や神経を形成する頃は妊娠3ヶ月以内となっているため、この時期に葉酸を摂る必要があります。

葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠中だけの摂取でも、もちろん問題はありません。一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も、葉酸の摂取によって日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取が良いとされています。



では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。

食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。

逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。
ですから空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。


早く赤ちゃんを望む周囲の期待や焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるパターンもあって、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。穏やかな気持ちで治療を続けることは大切です。
妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにとりわけハーブティーがよく飲まれることがあるようです。


何故かというと、まず一つは体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。
例を挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。加えて、ストレスを緩和させる作用もあります。
ストレスは妊活の大敵ですが、そういったものを解消してくれるでしょう。現在、妊活中です。

お腹に子供を宿すために様々な努力をしています。その中の一つに、葉酸サプリの飲用もあるのです。
ですが、当然それだけではなく、毎日早朝に起きて、ウォーキングも頑張っています。
妊娠は有酸素運動も大事だとよくいわれますし、夫婦共にウォーキングをすることがコミュニケーションになっているんじゃないかなと思います。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊婦への積極的な摂取が求められています。産婦人科や病院の方針によっては、葉酸サプリを配布しているケースもあるのです。

ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいますよね。

もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。
サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。
ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食事を摂っていたならば、多少は摂取できているという事ですね。


2人目妊娠を気長に待ち続けて3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。



長男を育てる上でも病気があったら困りますので思い切って細かく検査をしてもらい、問題がなければ妊活に入っていこうと夫婦の間で話し合ったのですが、ふと考えるとこの話し合いが妊活の引き金となりましたね。
妊娠を望んでいる方や妊娠初期の方へのアドバイスなのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。


ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大切なポイントだと言えますね。



私は葉酸のサプリメントを毎日利用し続けています。
飲み方は非常に簡単です。サプリの大きさは飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで十分です。ニオイなども飲みやすいものですし、飲み忘れがないように気をつけるだけで良いのです。


葉酸は赤ちゃんのために飲んでいるのですが、体のためにもなるということなので、今後も続けて飲んでいきたいです。。


赤ちゃんが欲しくて悩むカップルが、10組に1組存在すると言われています。実際、不妊治療に挑もうというときに、悩むのが金銭面です。自治体によっては、助成金を請けられるケースおあるので、ぜひ使いましょう。自治体ごとに申請内容が異なりますから、住んでいる地域のホームページなどを見る必要があります。

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、葉酸サプリによって補給するのも問題ありません。

いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、殆どの場合が、妊娠前から授乳期の終わりまでが、葉酸サプリによる補給期間に当てはまります。妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても必要不可欠な栄養素です。なので、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。
妊活というものをいつスタートするのが正解なのか知りたいという女の方も多くいると思います。
それに答えるとするならば、結婚しているしていないにかかわらず、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、妊娠をしやすくする体にするために行う活動全般のことを意味します。

ですので、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。

中々妊娠しにくい原因の1つとして内臓、血行の悪さからくる冷え性があります。

冷え性を根本的に解消する為に、食事療法を取り入れるというのが重要になるのではないかと感じます。

例えば、体を芯からぽかぽかさせる生姜や根菜などを常に食生活の中で摂取し、冷えの原因となる食品を敬遠する事も自分の心掛けで出来る最短コースだと思います。



妊娠すると葉酸がたくさん必要になると言って、妻はサプリメントを飲み始めました。


私には関係ないと思っていましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」という意見でした。男性にもきっと良い効果があるのではないかとサプリを飲むようになりました。

飲んでしばらくしてから、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。



子どもが欲しいと思って妊活を始めることにしたらすぐに葉酸を摂るようにする事が望ましいといわれています。


赤ちゃんが出来る前に体内に十分な量の葉酸が蓄積されている事が体内の赤ちゃんの先天性奇形の予防においてとても効果的なのです。

もちろん、妊娠3ヵ月頃までは続けて摂取する事が大切になってきます。

赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。
食べ物で葉酸を摂るならば、葉酸が熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸摂取の計画を立てましょう。妊娠の初期は胎児の器官形成にあたる大切な時期なのです。この時期に妊婦の体内で葉酸が不足すると赤ちゃんが先天性奇形となってしまう確率が上がるとされるるわけです。なので、妊娠を希望する女性であれば妊娠する前から意識的に葉酸を摂る事が大事ですし、妊娠初期の段階にもサプリなどから、毎日補うのが有効だと言われています鍼でツボを刺激することにより自律神経系や内分泌系の働きを向上させる効果があり、全身の機能を調節したり、促進するというような効果が期待できます。お灸ですが、肩こりや腰痛に悩む方のための治療方法だと思っている方が多いのですが、副作用の心配をせずに妊娠しやすい母体を作る自然療法のひとつとして不妊に悩む方にはお灸がいいと言われているようです。
葉酸は妊婦さんたちの間では、つわりにも好影響を及ぼすと注目の的になっています。説が色々唱えられますが、葉酸をきちんと摂れている安心感により、妊婦のストレス軽減につながり、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。どっちにしても、とりわけ妊娠初期はいつもの倍の量を摂取するのがいいと思います。様々な努力が必要な妊活の最中、特に心がけたいことといえば、ストレスを避けることです。

心身のストレスによって筋肉の緊張を招き、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。そうなると当然、妊娠に関与する、卵巣や子宮の機能は低下してしまいます。



あなたが仕事をしている女性でストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、いっそ休職することも考えてみた方がいいのではないでしょうか。妊活中に忘れてはならないのが、ホルモンバランスを正常に整えることです。
ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。



その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスが改善していくという訳です。

ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。
こうした動画を活用すれば、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。
軽く運動する事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。


アロマは心身の調子を整えてくれますので、最近では妊活にも使われています。
そのため、待合室にアロマを活用している病院まであるぐらいです。



ローズのアロマは、妊活中の女性に人気を博しています。
ホルモンバランスの乱れを整え、ストレス解消の作用があります。不安感を消し去り、女性ホルモンを分泌させる作用があるイランイランも妊活には効果的でしょう。

« 坂部の桜錦 | トップページ | 私は納期のある仕事をしているのです »

芸能・アイドル」カテゴリの記事